【売上2倍?】90%が間違うインスタ運用の特徴とは?

更新日:11月17日

Instagramでの集客にはコツがあります。そのためにはまずフォロワーを伸ばし、エンゲージメントを高め「自分の発信を見てくれる人」を増やさなければいけません。ではどうやってフォロワーを伸ばすのか?今回の記事ではインスタ運用で最も重要な要素について解説します。IG PLANを利用していてもコレをやらないければ「良質なフォロワー」は増えません。必ず実行してください。



==========

▼この記事を読んでわかること!

・集客につながるフォロワーとは?

・フォロワーを爆増させる運用

・二度と集客に困らない媒体構築

==========


❶投稿が最も重要な理由

Instagramの運用で最も重要なことは「投稿すること」です。弊社のインスタ集客サービスを利用していても投稿をしなければ集客に結び付くどころかサービスの効果を最大限発揮することができません。なぜならフォロワーはコンテンツに集まるからです。コンテンツとは動画や写真などの投稿です。例えばあなたも何も投稿のされていないアカウントはフォローしませんよね。なので継続的に投稿することが重要なのです。


❷ただ投稿するだけでは無意味


しかしただ投稿すればいいというわけではありません。正しいコンテンツでなければフォローはされません。あなたもキレイな写真や楽しそうなコンテンツを発信しているアカウントでなければフォローはしませんよね。フォローされるためのコンテンツにはコツや法則があります。難しいテクニックは必要ありません。


❸コンテンツの鍵は「人」

インスタ運用の鍵は「人」です。人は人に来ます。飲食店でも、美容院でもそうですがお客様はあなたに会いにくるのです。しかしほとんどのビジネスアカウントは人以外を撮影します。料理だけ、お店だけ。これではフォロワーは伸びません。また、お客様は「楽しい」に集まります。「楽しい」を訴求するためには「人」を映す必要があります。写真を撮る際は「人」を映すことを意識してください。


❹写真を撮るときの最低条件

ではどのようにすれば「楽しい」を発信し、ファンを増やすためのコンテンツを作ることができるようになるのかについて解説します。このブログを見た後1つずつ実践してください。投稿欄のクオリティが激変します。MDSでも同じ手法を取り入れていますが、フォロー率が2.4倍向上しました。特別なカメラを使う必要はありません。iPhoneで十分です。iPhoneがない場合は身近な人から写真を撮るときだけ借りましょう。


1.お店のアカウントはNG

アカウントを運用するときはお店のアカウント運用は避けましょう。必ず店長やオーナーなど人を前に出して運用をしてください。集客するのであればこれは絶対必要な要素です。なぜなら人は人に来るからです。人間味をどれだけ出せるかが重要です。人は人に来るからです。例えば価値観や考え方を発信することでフォロワーがファン化し、来店へ繋がります。なので人をメインにアカウントを運用する必要があります。


2.何を発信するべきか

発信内容としては「プライベート7割:仕事3割」のバランスで発信しましょう。10枚投稿するとしたら7枚プライベート、3枚が仕事関係のことです。集客しようとすると仕事関係のことばかり発信してしまいがちですが、それではファンは生まれません。例えばよく美容院のアカウントで髪型ばかりが発信されていますがそれでは集客に繋がりません。プライベートで旅行に行ったり、カフェに行ったり、そんな日常の風景を発信して人間味を出しましょう。


3.写真は距離感が重要

写真を撮影する際は「距離感」を大事にしましょう。よく料理のアップの写真や自分のアップの写真を撮影する人もいますが、特別美人やカッコよくない限りは距離感を大事にしてください。方法は「6歩バックの法則」で撮影することです。被写体より6歩下がって撮影するということです。それにより被写体の周りの世界観も発信することが出来ます。これはお店の写真を撮影するときも同様です。


4.色味の調整で印象は変わる


写真の色味調整だけで、印象はガラッと変わります。iPhoneでは色味の調整でも出来ますので、必ず色味を調整してから投稿してください。色味の調整はやってみることが一番の上達の鍵です。


5.映える写真3つのテクニック

撮影のテクニックは様々ですが今回は3つだけご紹介します。むしろこの3つだけ覚えておくだけでも全く異なった写真を撮ることができます。


①日の丸構図

日の丸構図とは「被写体を真ん中に置く」撮影方法です。6歩バックの法則に従い被写体を真ん中位に置いて撮影してみてください。


②四分割構図

四分割構図とは画角を4つに分割し被写体をそれぞれに配置する撮影方法です。プロのカメラマンも使用する基礎的なテクニックです。iPhoneには「グリット線」を表示しながら撮影できるので表示するように設定しておきましょう。


③ポートレート

iPhoneで撮影することでポートレートで撮影することができます。ポートレートで撮影することで一眼レフで撮影したようなおしゃれな雰囲気を演出することができます。積極的に活用して行きましょう。


6.お客様も含め撮影する

人は楽しそうなことに集まります。「楽しい」を発信する上で「お客様の笑顔」は最も効果的な方法です。料理を食べた後の笑顔。会話しているときの笑顔などお店の情報を発信するときは必ずお客様も含めて撮影してください。最も集客効果があるのは映える料理ではなく「映える料理を見た後のお客様の驚いた表情」です。


❺【重要】集客力が激減する投稿内容

ビジネス運用をしているアカウントでよくやってしまいがちなNG行動があります。あなたもやってしまっていませんか?これから紹介する内容は確実に毛嫌いされますので絶対に避けてください。


①チラシやメニュー表の写真

チラシやメニュー表などの広告感のある写真は絶対に避けましょう。インスタで告知すれば多くの人に届くと勘違いしてしまいがちですが、実際に見ている人はいません。それでだけでなく現代で広告は嫌われます。なので広告すること自体がNGです。


②フリー素材

Googleやサイトなどから拾ってきたようなフリー素材がNGです。インスタでは人間味が大事です。しかしフリー素材では人間味が出ません。それだけでなく広告感も出てしまいます。イラストもNGです。必ず撮影した写真を使用するようにしてください。


③汚い裏側写真


お店のバックヤードやディスブランディングになるような写真はNGです。ディズニーランドも決して裏側の風景は見せません。世界観が崩れてしまうからですね。ゴミ箱や備品は写っていないか。背景に必要ないモノは写っていないか。被写体だけでなく背景にも気を使って撮影するようにしましょう。



❻概要欄のテクニック

投稿する際は必ず概要欄(キャプション欄)に文章を記入してください。ここでも広告は絶対にNGです。学びになるような内容や、共感、憧れを持たれるような内容を記入しましょう。文字数は100文字〜300文字の間で記入しましょう。長すぎても読まれませんし、短すぎると人間味が伝わりません。


❼ハッシュタグ戦略

投稿には必ずハッシュタグをつけましょう。ハッシュタグの数は5個です。それ以上はつけないようにしてください。ハッシュタグとはその投稿のカテゴリーを判別するモノです。数が多すぎるとインスタ側がどんな投稿か分からずオススメ表示してくれません。そして5個中3個に同じワードを含めてください。投稿内容と関連度合いの高いハッシュタグをつけましょう。