top of page

日本からドバイの海外送金サービスがリリース【MDSドバイ法人設立】


MDSドバイ法人設立

現在、日本または海外からドバイに送金をする際に「W○SEや銀行に高い手数料を支払ってる」「銀行が海外送金を受け付けていない、または銀行から送金を断られた」など様々な理由で海外送金にお困りの方々に朗報だ。


この度、UAEにて最大手の日系進出サポート・会計監査法人のMDSが、アメリカ・ナスダック上場のPayoneer Incの海外送金サービスの提携、提供を開始。


以下がW○SE、日本銀行、そしてPayoneerのサービスや手数料の比較図だ。


MDSドバイ法人設立 海外送金手数料比較

例えば日本の銀行から年間1億円をUSDで海外に送金した場合、通常の方々は400万円️(4%)程度手数料で支払う。


それは為替手数料が大半なのだが、Payoneer の場合は ❶【日本顧客またはあなた➡︎Payoneer日本】に送金。


そして❷【Payoneer UAE➡︎UAEのあなたの銀行】に送金するわけなので ❶も❷のどちらも国内送金になるので替手数料がなく、さらには国内送金をほぼ同一のスピードだ。(銀行海外送金の場合最大1週間程度かかる)

Payoneer ドバイ送金

これだけではない。通常Payoneer社の通常契約の場合、2%が為替手数料だが、弊社MDSの莫大なUAE国内の顧客コミュニティ毎月の取引額は膨大であり、MDSの顧客の場合は特別提携で0.5%になる。 UAEでは弊社MDSの顧客でないとPayoneerからはこのレートでの契約ができない仕組みだ。


それによって上記で銀行を利用し1億円送金した場合とPayoneerを利用した場合では、年間でも350万円も違いがでる。


もう一度、UAE国内でこれらの手数料が適用されるのはUAEで日系最大の進出サポートおよび会計監査法人の「MDS」だけだ。


弊社では法人設立、口座開設や維持、VISAやEID、会計監査やオフィス住所提供などを年間たったの「39,800AED」になり、年間数千万円のトランザクションがある方ではむしろ無料どころか逆に得しているのではないだろうか。


MDSの法人設立の価格や業者比較などは【こちら】のブログを別途確認してほしい。


もし弊社との面談を行う場合はこちらの公式ページから申し込みを行える。


さらにPayoneer者側からのMDSコミュニティの専属担当も配属されている為、海外送金のトラブルや、スピードにおいてもストレスが一切なくMDSの顧客は行うことが可能になるだろう。





 

Payoneer社についての参考資料


特商法の記載:こちら

ぺイオニア・ジャパン株式会社

住所:東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ33階

資金移動業サービス (関東財務局長第00045号)


Payoneer



Payoneer



Comments


bottom of page