大切なお知らせ「ありがとうございました」竹花貴騎

昨日恒例の第三回目の東京ビッグサイトでの講演会を終えました。 そこで、正直な想いをお話しします。これは本音です。

ご存知かもしれませんが、僕自身起業5年目に突入し、事業も鰻登りで上がり続けてきました。ただ周りが見てるのはSNS上の華やかな僕であり、本当は毎晩オフィスに泊まる日々や、会社が大きくなるにつれ従業員の窃盗や裏切りに発狂する日々、事業を増やすにつれ増えるストレスで通院や薬に頼る日々もありました。 起業当初は会社員時代でした。片道1時間の鎌倉から東京駅のグリーン車に乗って、毎日の740円が僕の自己投資でした。電車で座れる時間にブログを書いたり、インスタでDMしてインフルエンサーを集めたり、お金も人脈もないので自分が「今できること」から始めました。最初のセミナーは参加数5人です。考えられますか?今インスタに呟いただけで1000人は集まるのに、最初は5人しか参加していなかったんです。深夜3時まで仕事をして、7時には会社に出勤する日々を大分続けました。

インスタの事業者向けの集客ツールで申し込みが来ると「ヤッピー」と音を鳴るように自分のPCで設定していたんですが、最初になった時のあの感動、その音がだんだん増えていく日々で気づけばサラリーマンの年収を「毎日」稼ぐような日々になっていました。そして株式会社Limという会社を創設しました。


会社員を辞めて気づけばLim設立と同時期に、既に香港に拠点を移したりと、本当に今考えても当時25歳ではありえないようなアグレッシブでスマートな経営をしていたなと思っています。(自画自賛すいませんww)


日々増える弊社の新入社員や販売代理店様研修でだいぶ時間を取られていたので、動画をとってそれを研修に使うようにしました。そしたらそれが好評でYouTube上で再生数が数十万と伸びて何故か気づけばビジネス系YouTuberとして街を歩けば声をかけられるようになりました。そこでオンラインスクールMUPを創ったら気づけば3万人近くが登録して、日本最大、いやむしろ世界最大だったかもしれません。(もしかしたら今でも最大かもですね)。政治家の方からの依頼や、メディアからの出演依頼などが殺到しました。正直天狗になっていたのかもしれません。一回りも年上の方達が偉そうに現実的じゃない話をしているのにイライラして結構噛み付いた発言もしていました。業界では本当とことん嫌われていました。


そして2020年、Googleの業務委託経験を「元Google」と表現したことがきっかけで大炎上しました。最初は、当時設立4年目で年商で50億ペースで、無借金で、全株自己保有で、そんな俺に誰が「業務委託なのか正社員なのか今更気にするねん」なんてことを思って、一切謝罪もせずに、逆にアホだの馬鹿だのと燃やしていた人へ反抗し火に油を注ぎました。でもやはり誠実さが一番大事だとつくづく反省してます。


でも煽りが高まって「詐欺師だ!」とか「弁護士も逃げた!」とか「海外に逃亡だ!」とか「財団は合成だ!」とかデマばかり流して視聴者稼ぎしてきたやつらは、本当に今でも吊るしてやりたいぐらい正直むかつきます。ww。それで離れていった人もいます。でも辞めないで俺にできることをとにかく継続しました。事業やMUPの質には本当に自信があったからです。